FC2ブログ

洗浄機にもオイル補充を!

こんにちは。
今日は、高圧洗浄機のお話です。
高圧洗浄機はプランジャーポンプというところで、水圧を高めます。
プランジャーを動かすための動力を伝えるクランク室には、コンプレッサーと同じで冷却・潤滑のためにオイルが入れられています。
このオイルがなくなってしまうと焼付を起こします。
そして、バラバラに壊れてしまった状態がこちら。
洗浄機1
こうなってしまうと、プランジャーポンプをまるごと交換しなければいけません。
洗浄機2
コンプレッサーとは違い、油量の確認がパッと見てわかりにくいため、オイルレベルゲージでしっかりと確認しましょう。
洗浄機3
スポンサーサイト



スティッククリーナーを導入!

こんにちは。
今日は、改善提案で上がった『掃除機の買い替え』のお話です。
今まで使っていた掃除機のホースの部分が劣化してきたので、買い替えの提案がありました。
買い替えにあたって、どんなのがいいか話し合い、コードレスの方が手軽に使えていいという意見が多かったので、コードレスのものを探しました。
が、価格帯もピンキリでなかなか決まりません。
そこで、スティッククリーナーを実際に持っているメンバーよりお借りして、実際に使ってみて使い心地を比較し、やっと決まりました!
それがこちら!スティッククリーナー
これで、気になるときにさっと掃除ができます!
ちなみに、前の掃除機は海外製で吸引力も強いため、ホースを取り換えて工場用にする予定です。
場所を変えて、まだまだ大事に使いますよー!

最近の事務員勉強会

こんにちは。
今日は事務員の勉強会についてご紹介します。
事務員は、入社時ほとんどの人が機械なんて触ったことがなく、基礎的な知識もありません。
でもお客様からの電話に出る際に、ある程度の知識があった方が、サービスマンにつなぐ時にスムーズに事が運びますし、お客様への対応も的確にできるということで、基礎的なことからこつこつと毎月勉強会を行っています。
今回は、レシプロコンプレッサーを分解しているところを写真に撮り、部品の名称や役割などを学びました。
レシプロ分解1
分解図だけでは分かりにくいので、こうやって実際の物や写真を見て、時には触ってみて学ぶことって頭にも残るし大事ですよね。
レシプロ分解2
工場内には、分解してあるコンプレッサーやポンプなどの機械がたくさん見られますので、見かけたときにサービスマンに質問し、少しずつ教えてもらいながら学んでいったりもしています。
55KWモーター
ちなみにこちらは、55KWのコンプレッサーに付いていたモーター。とても大きいです!!2Lのペットボトルが小さく見えます!

レトロな機械!

こんにちは。
今日は、昭和レトロな機械のご紹介です!
昭和レトロ2
ヤンマーのエンジンです。私は初めて見ました!
今では、ほとんどお目にかからないと思います。
清水機械の創業者である、会長がこの機械をよく修理していたそうです。
昭和レトロ1
今回、工場の整理をしていたら奥の奥から出てきたようです(笑)
以前は仕事の写真を全く残していなかったそうで、良い機会だと写真を撮りました。

今日はもう1つ機械を紹介します!
こちらは油圧シリンダー整備の様子です。
毎回コンプレッサーの点検をしているお客様より、整備のご依頼がありました。
油圧シリンダー整備

継続は力なり!

こんにちは。
弊社では、毎月の社内ミーティング時に、会社の改善提案事項について話し合います。
安全にかつ効率良く仕事をするために、整理整頓の2Sについては、小さなことから大きなことまで、本当にたくさんの改善提案が出されています。
それを1つずつ全員で話し合い、まずは試してみて、ダメならより良い改善案を考える、というように、一番良い方法を探っていっています。
今回も作業台についての改善提案がありました。
「作業台をきれいな状態でキープしましょう」という当たり前の内容ですが、忙しくなってくると、物を元の場所に戻さず、出しっぱなしにしてしまうことがあります。
戻さないことはいけませんが、戻しにくいというのは良くありません。
よく使うものは出しやすく、戻しやすい場所に収納場所を移動するなど、改善が必要になってきます。
きれいな作業台2

きれいな作業台1

一時的にきれいにすることは簡単ですが、継続していくことはやはり難しいです。
一人一人が当事者意識を持ち、みんなで声を掛け合って、『いつも整理整頓ができている、仕事のしやすい会社』を作っていくために、これからも努力していきます!